FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴル国のツァムの楽器の話

モンゴル国ではチベット仏教の仮面舞踊儀礼ツァムが「復活」を遂げている。
ツァムとはチベット、内モンゴル方言ではチャム、その他のキリル文字を受容したモンゴル人地域ではツァム(モンゴル国マジョリティのハルハ方言の発音がツァムなのだが)、ブータンではツェチェ、ネパールではマニランドゥ、漢語では打鬼など様々に呼ばれる密教修会およびそこで踊られる踊りのことである。種類や形式、執り行う日は宗派や寺院、またその修会によって祀る対象(多羅菩薩、金剛怖畏、白翁など)により異なる。

モンゴル国では現在のウランバートルにあった名刹ズーン・フレー寺(民主化後再建されてからはダシチョイリン寺と呼ばれることが多い)で1937年に行われて以来、1999年ガンダン寺で形式のみ復元され(元来学問寺であったガンダン寺ではツァムは行われてこなかった)、2003年からダシチョイリン寺で修会として復活するまで途絶えていた。

さてダシチョイリン寺での復活に際し、次第については、儀軌書と、1937年以前にツァムに参加した僧セレーテルの指導、そして甘粛や青海のチベット仏教寺院に留学した若い僧たちの成果により構成された。
一方道具、特に楽器については、チベットに新たに注文したものもあるが、その多くは社会主義時代、人々が密かに隠し持っていたものを寄進してもらったのだという。社会主義時代、仏教が禁じられても家庭内祭祀として細々と存続したことについて滝澤克彦氏が研究しているが、こういった仏具、しかも家庭内祭祀にはおよそ利用できない楽器のようなものまで持っていたとは驚きである。1937年に始まった粛清で700以上の寺院が破壊され、仏教僧が14000人も処刑されたのにもかかわらず、モンゴル人仏教徒の熱心さを思い知らされる。
ちなみに、モンゴル国ではツァムの舞踊の部分だけを「民族文化」として1980年代より舞台芸能化している。これは仮面や楽器が博物館入りし、保存された結果でもある。この時期は社会主義的発展論の中で原始的なものであるがゆえに新しい民族文化の源泉とされていた伝統文化が、モンゴル国らしい国民文化もしくは「民俗文化」として、その生活習慣や信仰などから切り離された形で表舞台に出される時期であった。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Yapony Bagsh

Author:Yapony Bagsh
Welcome to the world of Mongolian music! I've studied Mongolian language and musical culture in Ulaanbaatar(the capital of Mongolia) for one year. I hope you enjoy various music of Mongolic peoples.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。