FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴル国の称号と賞の話

モンゴルの音楽家の名前の前によく書いてある称号を整理してみましょう。
モンゴルではソ連と同じで、賞や勲章の他に、「人民芸術家」などの称号を有名人に授与しています。これは老後の年金とも関係あったりするようです。とにかくモンゴルの有名人の肩書きには頻出なので意外と重要なのです。

まず称号ではなく賞として権威あって音楽関係でよく出てくるものに「国家賞」があります。
これにははっきり名前の変遷があって
1945~1961年:Чойбалсангийн Нэрэмжит Шагнал
1962~1991年:Төрийн Шагнал
1992~1993年:Төрийн Соёрхол
1994年~:Төрийн Шагнал
 大抵略称はТШです。定訳は国家賞ですが、受賞した時代の歴史的なものを考慮した場合、チョイバルサン賞なども使われるでしょう。これはソ連のレーニン賞およびスターリン賞のコピーです。
 これは賞なので複数回受けることもできます(例:文学者Ts.ダムディンスレンの3回、作曲家のL.ムルドルジの2回等)。

 次に芸術家であることとは関係ない称号として「労働英雄」があります。これは国の発展に尽くした労働者の行った労働を称えるものなので、基本的にどんな業種でも、例えば牧民でも受けることができます。逆に芸術家には名前からして不向き称号に思えますが、ノロブバンザドや作曲家のD.ロブサンシャラフ、歌手のTs.プレブドルジほか数名の音楽関係者が受けています。

ここから音楽に関係する称号です。
 まず一番権威がある「人民芸術家」です。モンゴル語では"Ардын Жүжигчин"です。1941年に設定されました。この"Жүжигчин"という単語のせいでよく「人民俳優」と訳されますが、この訳にはちょっと疑問です。劇作家のE.オヨンや作曲家のジャンツァンノロブも受けているからです。受賞者の名簿を改めてみると、広く舞台芸術に功労のあった人に称号を授けていることがわかります。また、これはソ連における栄誉称号、ソ連人民芸術家(ロシア語:Народный артист СССР、女性型はНародная артистка СССР)のコピーです。そこで私はソ連の定訳に合わせて、「人民芸術家」と訳してます。略称はАЖです。
 ちなみにこれと同等の人民ナントカは人民画家、人民作家、人民医師、人民教師(人民教育者)があります。それらもソ連の同名の称号のモンゴル版です。
 
 次に権威があるのが、「芸術功労者」と「国家功労芸術家」です。たくさん種類のある"Улсын Гавъяат Зүтгэлтэн"国家功労者のうちの2つと理解してよいと思います。モンゴル語で書くと前者が"(Улсын) Урлагийн Гавъяат Зүтгэлтэн(略称УГЗ)"、後者が"Улсын Гавъяат Жүжигчин(略称УГЖ)"です。これらはソ連における功労芸術家(ロシア語: Заслуженный артист)のコピーです。
 これらは権威は同等ですが、受ける人の職種が違います。芸術功労者は元々「芸能功労者」という名で、1940年代から「国家優秀作家」、1960年代に現在の名になりました。音楽関係者では物書きやクリエイターの作曲家、研究者、舞踊振付師と教師などが受けます。他にも画家が受けたりします。
 一方、1941年に設定された国家功労芸術家は"Жүжигчин"の名がつくことから分かる通り、舞台芸能者のための称号です。よって音楽関係ではパフォーマーである歌手や演奏家が受けることになります。
 
 この種の称号で上の2つの下にある、おそらく音楽関係者が最初に受けるであろう称号として「文化前衛活動家」があります。モンゴル語は"Соёлын Тэргүүний Ажилтан(略称СТА)"です。この称号の設定時期や受賞適用範囲は今回調べられなかったのですが、かなり受賞対象は広く、「文化」にかかわる人なら例えば教師なども入ると思われます。

最後の欄外として、無くなった称号「国家功労名誉音楽家/歌手/俳優」があります。モンゴル語では例えば音楽家なら、"Улсын Гавъяат Алдарт Хөгжимчин "これは1935年に設定されましたが、1941年に"Улсын Гавъяат Жүжигчин"に統合されました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Yapony Bagsh

Author:Yapony Bagsh
Welcome to the world of Mongolian music! I've studied Mongolian language and musical culture in Ulaanbaatar(the capital of Mongolia) for one year. I hope you enjoy various music of Mongolic peoples.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。