FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダムディンスレンと《悲しみの三つの丘》

「モンゴルオペラの父」B.ダムディンスレン(モンゴルを代表する文学者だったTs.ダムディンスレンとは関係なし)は、ソ連の音楽家スミルノフ(イギリスに亡命したD.スミルノフとは関係なし)とモンゴル初のオペラで現在も頻繁に国立歌劇場で上演される《悲しみの三つの丘》を共作し、作曲家ムルドルジとモンゴル国歌も共作したモンゴルでは知らぬものはいない作曲家だが、1950年代、レニングラード音楽院に留学中、3年生に進級したところで、現地の警備員を平手打ちにしてしまい(酒に酔っていたのだろうか)、刑務所に収監されたことがあるらしい。すでに国から表彰された作曲家だったために、数ヶ月懲役の後、家族や音楽家仲間の嘆願で釈放、左遷のような形で一年間バヤンウルギー県立劇場に派遣されたらしい。ウランバートルに戻ってきてからは、国立劇場で芸術監督をした後、勉強のし直しのために北京音楽院に留学したという。なお、今度の留学は家族揃って。着いてから語学のクラスに入り父娘机を並べて中国語の授業を受けたという。
1942年に完成したとされるオペラ《悲しみの三つの丘》だが、1949年に起こった初代国立劇場の火災で楽譜が焼けてしまい、初稿を見て、ダムディンスレンとスミルノフがどの部分をどちらが書いたとかの研究は不可能になっている。ちなみに、現在上演されているのは、楽譜が焼けてしまったので、ダムディンスレンが記憶を元に再作曲したもの(1951年に現在の歌劇場の建物が完成し、再演された)を、さらに1976年に改訂したもの。そのため現在の版は、ほぼダムディンスレン単独の作品と言ってよい。その証拠に1956年に、《悲しみの三つの丘》を観たスミルノフは「以前に一緒に書いたオペラが何でこんなに大きく変わってしまったのだ?とても面白くなっている。新しくやり直すわけでもあったのか?」と言っていたという。そして、スミルノフは「もう少し手直ししたいところはあるけれども」と付け加えると、ダムディンスレンは一緒に直してもよいですよ、と答えたと言い、スミルノフも乗り気だったが結局叶わなかった。現在このオペラの作曲者のところに、スミルノフの名前が先に書いてあるのは、彼の指導によってモンゴル初のオペラが生まれたことへの尊敬の念を込める意味らしいが、1979年に人民革命党の政治局がそういう並びに登録してしまったかららしい。
スポンサーサイト
10 | 2015/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Yapony Bagsh

Author:Yapony Bagsh
Welcome to the world of Mongolian music! I've studied Mongolian language and musical culture in Ulaanbaatar(the capital of Mongolia) for one year. I hope you enjoy various music of Mongolic peoples.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。