FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会主義時代のモンゴル国に来た外国人音楽家

社会主義時代のモンゴル国に来た外国人音楽家について質問されたので、ちょっと思い出しながら調べたのですが、やはりというか、あまり日本でも有名なクラシック音楽家というのはモンゴル国には来ていなかった模様。ソ連、社会主義圏に留学経験のある音楽家が多いのとは対照的です。
 まず、いわゆる「お雇い外国人」のような音楽の指導者がソ連から派遣されていて、その延べ人数は1950年代から80年代の間だけでもで約160人ほどに上るらしいです。彼らは音楽学校、歌劇場、軍楽隊などに配置されていました。彼らのソ連での経歴などが一部の有名人(モンゴルでの貢献度が高いと言う意味で、世界的には全く無名)を除き、記録が探しづらいのが困りものです。今のところ一般に手に入るのは、一部の人の断片的な回想ぐらいでしょうか。西洋音楽導入黎明期を支えた、スミルノフ、クレシコ、リャリンというような人々についてはさすがに研究などが出ています。モンゴルでは箏奏者がほぼ途絶えてしまったと言うので、北朝鮮からカヤグムの奏者を招聘して音楽学校で教えたということまでありました。なお1990年代初頭にそれらの教師陣が一斉に帰国したため、市場経済移行のショック療法に伴う補助金の削減と相俟って各種の公演のレベルが著しく低下したと言われています。なお、その後、作曲界の重鎮ロブサンシャラフによると、自分たちでスポンサー探しで企業を回りをして大変だったそうです。
 次にモンゴルで公演をした外国人音楽家ですが、これもまとまった記録などはあまりありません。音楽学者の重鎮エネビシの「ソ連の音楽家の影響」によると、日本でも知られているような団体の公演といえは、1942年とその後1960年代以降もう1度公演を行ったソ連国立モイセーエフ民族歌舞団(モイセーエフ・バレエ団)と、1960~1970年代に赤軍合唱団の中でも最も有名なアレキサンドロフ・アンサンブルが来モしたことぐらいでしょうか。あとは、1943年にブリヤート国立劇場のオーケストラが指導と演奏(この時の演目はブリヤートの劇場で作られたもののほかに、アサフィエフのバレエ《バフチサライの泉》があったようだ)に来た、とか、ロシア連邦のシベリア、タジキスタン、モルダビア、ハンガリーの歌舞団が来たという記録があります。個人では、知る人ぞ知るところで、グルジア出身のアゼルバイジャン人指揮者ニヤジ(カヒッゼなどと共にメロディヤレーベルに録音が残っています。叔父はアゼルバイジャンの作曲家ガジベコフ)が国立歌劇場と国立フィルハーモニーでそれぞれ指揮したりしています。それからソ連のオペラ歌手が結構モンゴルにも演奏旅行に来たり、モンゴル国立歌劇場に出演したはずなのですが、個々の名前が調べられません・・・。これ以上は刊行された資料ではなく、実際に劇場や学校の記録、当時の新聞記事をあたってみないと分かりません。最近、ソロンゾンボルドという音楽学者・作曲家による『モンゴルの新聞で発表された音楽関係記事』という資料集が出ました(荒井さんありがとうございます!)が、短いニュース記事が省かれているような感じだったり、ムルドルジの「モンゴルの歌の旋律」など結構重要な小論も抜けていたりして・・・、で、よく見たら全記事ではなく選集である上に、利用した資料は国立図書館に所蔵の物らしいです。国立図書館の雑誌、新聞は巻号そのものの抜けが多い上に、利用者のマナーが悪く、なんと勝手に必要な記事を切り取って持ち去られたりと非常に保存状態が悪い。旧人民革命党図書館なら比較的保存状態の良い新聞雑誌記事が閲覧できるので(それでも戦前の雑誌、新聞は結構抜けが多い)、新聞記事などを基に研究したい場合はそちらで自分で調べるしかないのでしょうね・・・。
 ところで、中国からも音楽家は来ていると思うのですが(元から住んでいる漢人もいるし、派遣されてきた建設労働者は多かった)、中ソ対立で帰国したり、対中感情が悪いせいで、記録が表に出てきていないようです。
スポンサーサイト
09 | 2015/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Yapony Bagsh

Author:Yapony Bagsh
Welcome to the world of Mongolian music! I've studied Mongolian language and musical culture in Ulaanbaatar(the capital of Mongolia) for one year. I hope you enjoy various music of Mongolic peoples.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。