FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オボーとは何か

オボーは音楽と直接は関係ないが、オボー祭などで音楽が伴うので、オボーというものについて少し書く。
 そもそもオボーとは何だろうか。一般的には複数の石でできた小さな塚を指す。小山や丘の上、領地的境界や道端にあるともされる。石塚のそば、あるいは上に木の枝が立てられ、そこに細長い布切れが結わえられている。モンゴル国ではオボーに対し、オボーの周りを足元の石塚の石を真ん中に投げ積みながら3回回るというのが正しい態度とされる。またはミルクをかけて捧げる。最近では道端のオボーに向けて、車で通りかかるとクラクションを鳴らして敬意を表する、という現象も見られる。
 渡邊日日(2010)『社会の探究としての民族誌』、三元社によれば、ブリヤートには石塚も木の枝もなくそれとは分からないが、それがオボーと知っている人は硬貨やお菓子などの供え物を投げる(しかしそこにはオボーらしきものは何もない)というタイプのオボーもあるという。
 歴史的な成立経緯はよく分からない。シャーマニズムと関わりが深い、と一般的に言われているが、確たる証拠はない。原始宗教に由来し、仏教伝播の際にも生き残ったとも言われる。一方、後藤富男(1956)「モンゴル族に於けるオボの崇拝: その文化に於ける諸機能 」(『季刊 民族学研究20(1・2)』、日本民族学会、pp.47-71)によれば、oboүaという語がHua-i-i-yü(華夷訳語)以前の文献ではほとんど見つからないため、オボーは明代のチベット仏教伝播以降のものだと言う。探検家のP.S.パラスは同様の者はシベリアのツングース系民族やチベットにもある神の住居としている。
 とにかく、オボーをめぐる仏教とシャーマニズムの議論は複雑であり、Bawden, Charles R., “Two Mongol Texts Concerning Obo-Worship,” Confronting the Supernatural: Mongolian Traditional Ways and Means, Bawden, Charles R., Wiesbaden: Harrassowitz, 1994, pp. 1-19,によれば18世紀後半のモンゴルのチベット仏教高僧メルゲン・ディヤンチは「オボー設置の手引き書」と「オボー崇拝の儀式次第」を書いている。彼は、シャーマニズム由来の血なまぐさい生贄を仏教僧の立場から嫌いながら、民衆に支持されるオボーの儀式そのものに対してはそれほど否定的ではなかった。ただ学問僧らしく、依るべき聖典なしに祈祷書を記すことには抵抗があったのみのようである。祈祷書ではオボーの機能=土地神の住処、道しるべ、大きさ、装飾は仏教のやり方に沿ってオボー祭祀の方法の明確化の必要性があったが、それまで依るべき古文書がなかったのでメルゲン・ディヤンチはこれを書いたという。オボーを立てるための地鎮祭から定期的な祭祀まで、チベット仏教的な要素を入れて仏教僧が参加して行えるよう詳細に規定している。もしオボーが仏教と関係なく生まれたとすれば、18世紀後半、非常に巧妙にモンゴル人の自然崇拝を仏教に取り込んだということになる。
 現在のオボーの意味は、モンゴル系諸民族の民族性を主張する語りの中に取り込まれており、ますます複雑な様相を呈している。
スポンサーサイト

S.ソロンゾンボルド著『13世紀のモンゴル音楽』

S.ソロンゾンボルド『13世紀のモンゴル音楽』(С.Соронзонболд, Монголын хөгжим(ⅩⅢзуун), Улаанбаатар, 2008.)

まえがき
 本書は何か他の目的のためや、義務的に書かれたものではない。しかし2005年にドイツのボンで行われた「チンギス・ハーンとその遺産」展の関連行事として開かれた学術会議で、私はドイツの研究者U.B.バークマンの要請を受け、「13世紀のモンゴル音楽」という題で発表を行った。その時発表で使う資料を探すのに、S.バドラル博士、僧侶のG.プレブバト氏のご厚意を頂いた。ちなみに資料探索の過程で、黒スルデ祭祀の3つの旋律を発見し、それに着想を得て《帝王の威光の源》という合唱曲を作曲した。上記の発表は本書の導入部分となった。
 本書の執筆に際し、内モンゴルの芸術学修士Kh.ムンフバートル氏、T.エルデムト氏、A.エルデネブフ氏の言語の知識や、13世紀のモンゴルの音楽を研究した先人の著作はこの研究の土台となった。
 元朝時代、中国のような湿度の高い環境では馬頭琴の共鳴箱の表の皮が伸びて音が狂ってしまっていた。そのため、モンゴルのハーンたちはその国の気候に合った楽器を選択し、宮廷音楽を演奏させていた。このような条件に加え、宮廷楽団の音響的特性に適合させるために、占領した国々の楽器、その奏者を自国の民族音楽と共に宮廷音楽の一部として登用し、多国籍なオーケストラを作り上げた。
 このことは楽士、歌手、踊り手たちが互いの様式から学び取り、技術を高めあい習得し、経験を共有するという。
10 | 2012/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Yapony Bagsh

Author:Yapony Bagsh
Welcome to the world of Mongolian music! I've studied Mongolian language and musical culture in Ulaanbaatar(the capital of Mongolia) for one year. I hope you enjoy various music of Mongolic peoples.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。