FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S.ゴンチグソムラーの音楽観

モンゴル国の作曲家ゴンチグソムラー(1915~1991)がモスクワ音楽院に留学していた間のことについて考えてみるとなかなかすごい時期です。すなわち、ソ連がスターリングラードの戦いに勝利した1943年に留学を開始し、対独戦真っ只中の愛国的な空気(音楽で言えばショスタコーヴィチの交響曲第7番)を吸い、第二次大戦の終結とその後の雪解け(ハチャトゥリアンの交響曲第3番やジャズの人気)を肌で感じ、1948年のジダーノフ批判吹き荒れる政治の統制をその目で見て、1950年に帰国しています。ゴンチグソムラー自身の回想録などが公になっていない(というか、そういうものがあるのかどうか不明ですが)ので、彼が留学を通じて何をどう感じたかは、詳しく知ることはできないのですが、こんな時期にモスクワへ留学した音楽家は彼か、作曲家ツェレンドルジ(1945年から50年までの5年間)しかおらず、後の作曲家同盟結成などの活動は留学での経験を踏まえて行われたことでしょう。
 ゴンチグソムラーの残した発言によると、彼が交響曲作家として尊敬できるのはベートーベン、ブラームス、ブルックナー、マーラー、チャイコフスキー、彼らの水準に達していなければならない、ショスタコーヴィチの交響曲ですら、そのうち何曲かは陳腐なものだ(一体何番が陳腐なのかは発言が残っていないが…)、と語っていた。オペラ作家として尊敬できるのはグルック、ヴェルディ、ワーグナーを挙げ、その他はあまり誉めなかったといいます。
 しかし、和声や旋律の音遣いなどの自分の作品の作曲技法に影響を大きく受けているのはドビュッシーだという。作品に対する哲学としては、ハイドンの整った形式や、モーツァルトの軽やかな才能より、自らの人生観を作品に込めることを重視しつつ、自らの民族性を表現するのに、(これは日本の作曲家と共通しますが)ドビュッシーは格好の先生だったのでしょう。ピアノのための24の前奏曲にはドビュッシーの影響が色濃く出つつ、モンゴルの作曲家として初めてバッハも手を染めたこのジャンルに挑戦する意気込みを感じます。
 交響曲第2番などでは、中間楽章や終楽章のコーダこそ社会主義リアリズム的明快さを追求していますが一部には大胆に不協和音を用いて当時の現代世界で起きている問題とも関連を保とうとしています。
 モンゴルの伝統楽器のための作品を新しく創作した作曲家と言えば、楽器改良や民族楽器オーケストラの立役者ムルドルジの名前があがるだろうが、ゴンチグソムラーは早くも1956年にはホーチル(二胡)、ショドラガ(三弦)、ピアノのための三重奏曲を書いている。これはムルドルジ作曲のヨーチン(揚琴)のための《春の鳥来たり》よりも1年早い。伝統楽器のための創作の分野でもゴンチグソムラーのフロンティア精神ぶりが目立つ。
 そもそもモスクワ音楽院留学前はイルクーツクで獣医の勉強をしながら音楽(アコーディオンなど)を学び、現地の放送局の楽団に入るまでになり、帰国後は獣医として働きながら、音楽の独習書を執筆、しかもその中身はモンゴルの楽器でどうすれば西洋のドレミの音階が演奏できるかまで詳しく書かれているという、西洋音楽をまさにモンゴルで普及させる意気込みに満ちています。
 ゴンチグソムラーはクラシック音楽の啓蒙活動にも力を入れていました。モンゴル国営放送の芸術部門の責任者となり、ラジオのクラシック音楽番組を自ら担当し、選曲、解説を行っていました。この際、放送原稿がなかったようで、作曲家や作品について自分が書きためていたノート(現場ではゴンチグソムラー先生の「黒いノート」と呼ばれていたとか)をいつも持ち込んで、それを基にしゃべっていたそうです。当時のモンゴルのラジオ放送界では放送原稿なしで専門家が自分でペラペラしゃべるのは普通だったそうですが。このノートを見れば、どのような音楽が社会主義時代のラジオで紹介されたのか分かるところなのですが、この「黒いノート」は現在行方不明なのだとか。ところで、どういった経緯でこのゴンチグソムラーの国営放送の人事が差配されたのか、単に他に西洋音楽について彼ほど詳しい人材がいなかったのか、それともやはり戦前からの彼のフロンティア精神のなせる業なのか。
 作曲家論をまとめるのにちょっと一筋縄ではいかない感じがします。
スポンサーサイト

ダムディンスレンと《悲しみの三つの丘》

「モンゴルオペラの父」B.ダムディンスレン(モンゴルを代表する文学者だったTs.ダムディンスレンとは関係なし)は、ソ連の音楽家スミルノフ(イギリスに亡命したD.スミルノフとは関係なし)とモンゴル初のオペラで現在も頻繁に国立歌劇場で上演される《悲しみの三つの丘》を共作し、作曲家ムルドルジとモンゴル国歌も共作したモンゴルでは知らぬものはいない作曲家だが、1950年代、レニングラード音楽院に留学中、3年生に進級したところで、現地の警備員を平手打ちにしてしまい(酒に酔っていたのだろうか)、刑務所に収監されたことがあるらしい。すでに国から表彰された作曲家だったために、数ヶ月懲役の後、家族や音楽家仲間の嘆願で釈放、左遷のような形で一年間バヤンウルギー県立劇場に派遣されたらしい。ウランバートルに戻ってきてからは、国立劇場で芸術監督をした後、勉強のし直しのために北京音楽院に留学したという。なお、今度の留学は家族揃って。着いてから語学のクラスに入り父娘机を並べて中国語の授業を受けたという。
1942年に完成したとされるオペラ《悲しみの三つの丘》だが、1949年に起こった初代国立劇場の火災で楽譜が焼けてしまい、初稿を見て、ダムディンスレンとスミルノフがどの部分をどちらが書いたとかの研究は不可能になっている。ちなみに、現在上演されているのは、楽譜が焼けてしまったので、ダムディンスレンが記憶を元に再作曲したもの(1951年に現在の歌劇場の建物が完成し、再演された)を、さらに1976年に改訂したもの。そのため現在の版は、ほぼダムディンスレン単独の作品と言ってよい。その証拠に1956年に、《悲しみの三つの丘》を観たスミルノフは「以前に一緒に書いたオペラが何でこんなに大きく変わってしまったのだ?とても面白くなっている。新しくやり直すわけでもあったのか?」と言っていたという。そして、スミルノフは「もう少し手直ししたいところはあるけれども」と付け加えると、ダムディンスレンは一緒に直してもよいですよ、と答えたと言い、スミルノフも乗り気だったが結局叶わなかった。現在このオペラの作曲者のところに、スミルノフの名前が先に書いてあるのは、彼の指導によってモンゴル初のオペラが生まれたことへの尊敬の念を込める意味らしいが、1979年に人民革命党の政治局がそういう並びに登録してしまったかららしい。

社会主義時代のモンゴル国に来た外国人音楽家

社会主義時代のモンゴル国に来た外国人音楽家について質問されたので、ちょっと思い出しながら調べたのですが、やはりというか、あまり日本でも有名なクラシック音楽家というのはモンゴル国には来ていなかった模様。ソ連、社会主義圏に留学経験のある音楽家が多いのとは対照的です。
 まず、いわゆる「お雇い外国人」のような音楽の指導者がソ連から派遣されていて、その延べ人数は1950年代から80年代の間だけでもで約160人ほどに上るらしいです。彼らは音楽学校、歌劇場、軍楽隊などに配置されていました。彼らのソ連での経歴などが一部の有名人(モンゴルでの貢献度が高いと言う意味で、世界的には全く無名)を除き、記録が探しづらいのが困りものです。今のところ一般に手に入るのは、一部の人の断片的な回想ぐらいでしょうか。西洋音楽導入黎明期を支えた、スミルノフ、クレシコ、リャリンというような人々についてはさすがに研究などが出ています。モンゴルでは箏奏者がほぼ途絶えてしまったと言うので、北朝鮮からカヤグムの奏者を招聘して音楽学校で教えたということまでありました。なお1990年代初頭にそれらの教師陣が一斉に帰国したため、市場経済移行のショック療法に伴う補助金の削減と相俟って各種の公演のレベルが著しく低下したと言われています。なお、その後、作曲界の重鎮ロブサンシャラフによると、自分たちでスポンサー探しで企業を回りをして大変だったそうです。
 次にモンゴルで公演をした外国人音楽家ですが、これもまとまった記録などはあまりありません。音楽学者の重鎮エネビシの「ソ連の音楽家の影響」によると、日本でも知られているような団体の公演といえは、1942年とその後1960年代以降もう1度公演を行ったソ連国立モイセーエフ民族歌舞団(モイセーエフ・バレエ団)と、1960~1970年代に赤軍合唱団の中でも最も有名なアレキサンドロフ・アンサンブルが来モしたことぐらいでしょうか。あとは、1943年にブリヤート国立劇場のオーケストラが指導と演奏(この時の演目はブリヤートの劇場で作られたもののほかに、アサフィエフのバレエ《バフチサライの泉》があったようだ)に来た、とか、ロシア連邦のシベリア、タジキスタン、モルダビア、ハンガリーの歌舞団が来たという記録があります。個人では、知る人ぞ知るところで、グルジア出身のアゼルバイジャン人指揮者ニヤジ(カヒッゼなどと共にメロディヤレーベルに録音が残っています。叔父はアゼルバイジャンの作曲家ガジベコフ)が国立歌劇場と国立フィルハーモニーでそれぞれ指揮したりしています。それからソ連のオペラ歌手が結構モンゴルにも演奏旅行に来たり、モンゴル国立歌劇場に出演したはずなのですが、個々の名前が調べられません・・・。これ以上は刊行された資料ではなく、実際に劇場や学校の記録、当時の新聞記事をあたってみないと分かりません。最近、ソロンゾンボルドという音楽学者・作曲家による『モンゴルの新聞で発表された音楽関係記事』という資料集が出ました(荒井さんありがとうございます!)が、短いニュース記事が省かれているような感じだったり、ムルドルジの「モンゴルの歌の旋律」など結構重要な小論も抜けていたりして・・・、で、よく見たら全記事ではなく選集である上に、利用した資料は国立図書館に所蔵の物らしいです。国立図書館の雑誌、新聞は巻号そのものの抜けが多い上に、利用者のマナーが悪く、なんと勝手に必要な記事を切り取って持ち去られたりと非常に保存状態が悪い。旧人民革命党図書館なら比較的保存状態の良い新聞雑誌記事が閲覧できるので(それでも戦前の雑誌、新聞は結構抜けが多い)、新聞記事などを基に研究したい場合はそちらで自分で調べるしかないのでしょうね・・・。
 ところで、中国からも音楽家は来ていると思うのですが(元から住んでいる漢人もいるし、派遣されてきた建設労働者は多かった)、中ソ対立で帰国したり、対中感情が悪いせいで、記録が表に出てきていないようです。

トゥヴァ共和国の民族楽器オーケストラ

 現在のロシア連邦トゥバ共和国は清朝時代はタンヌオリアンハイと言って、トルコ系での人がほとんどではありますが文化的にモンゴル系の人々と遊牧生活、服装、チベット仏教、モンゴル文字など多くの点で共通していました。
 音楽においてもかなり近かったのですが、ソ連邦内に強制参加させられた後の1944年にはすでに現在のモンゴル国の民族歌舞団の民族楽器オーケストラのようなチベット仏教の大ラッパやチャルメラ、民間の弦楽器やそれをコントラバス様に改良した楽器、そしてトゥバの箏チャトハンを用いて新しく作った民族オーケストラがすでにあったようです。
 ブリヤートでは同種のオーケストラは1940年に初めて演奏を行ったのでその直後ぐらい。モンゴル国で試みられたのは1956年から1962年なのでそれよりも十数年早いことになります。

踊るモンゴル歌謡

 『踊る昭和歌謡』という本に、大衆音楽と芸術音楽を区分する意識の中には「踊る/じっと鑑賞する」ところにあると説明可能な部分があると書いてあった。また、踊りというものが性的な情動を連想させることがある程度普遍的に見られるとも。
 モンゴル国の大衆音楽を考えるとき、ボールルームダンスは社会主義時代に広く普及していて、田舎でも公民館でそういう機会がもたれることは多かった。首都には大きな職場、例えばホテルや工場などにアマチュア楽団が結成され、ダンス音楽が主要なレパートリーだった。またS.ゴンチグソムラー作曲の《ウランバートルの夕べ》のようなワルツ調の歌謡曲も多く生まれたし、老舗国立ジャズバンド「バヤン・モンゴル」も民謡をダンス音楽にアレンジして親しまれた。
 踊るリズムをメインに据えることで、モンゴル国大衆歌謡の時代による流行の傾向も見通しがよくなるだろう。ただ、公の娯楽としてのボールルームダンスは近代都市文化として行政からも大衆からも歓迎され(当時の高齢者世代や保守的な価値観の人々の中によく思わない人がいたかどうかは調査の必要があるが)ていたことを考えると、不健全娯楽とされて批判されたり廃れたもの(芸能関係も全て国家予算なので、あらかじめ完全にふるいにかけられていたとも考えられるが)もあったのかは気になる。
 それから「踊る」大衆音楽以外にモンゴルでは、「みんなで歌う」という参加の仕方がある。宴会だけでなく旅行中のミクロ(ワゴン車の定員を違法に増やした小型乗り合いバス)の中で、みんな音程もリズムもバッラバラで大声で歌いまくるとか。これは宴会でのオルティンドーの唱和の風習に根っこがあると考えられるが、社会主義時代の教育の中でも官製のピオネール(社会主義国の官製ボーイスカウト、党員の子息が多かったかも)歌、学生歌などを唱和する習慣がついていたからというのもあるだろう。何にせよ歌を唱和することが、上からも下からもアイデンティティ共有のツールには変わりないわけで。
 この話に分け入ってしまうと、もう上であげてしまっているが、国歌や団体歌はどういう扱いなのか、娯楽?みたいなことになってしまう。ジャンルの区分け自体にこだわりたいわけでもないのでこの問題は別に考えたい。

踊る昭和歌謡―リズムからみる大衆音楽 (NHK出版新書 454)踊る昭和歌謡―リズムからみる大衆音楽 (NHK出版新書 454)
(2015/02/06)
輪島 裕介

商品詳細を見る
11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Yapony Bagsh

Author:Yapony Bagsh
Welcome to the world of Mongolian music! I've studied Mongolian language and musical culture in Ulaanbaatar(the capital of Mongolia) for one year. I hope you enjoy various music of Mongolic peoples.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。